2019/03 ≪  2019/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019/05
心配する気持ちは、どこにいても。。。。
2018年07月08日 23:30(Sun)
通勤する、いつもの道

仕事帰り
そのいつもの道
朝通った、その走行車線
山が崩れ落ちた処理の途中だった(´・ω・`)

山と言っても小高い小さな山
4~5mの木
根っこが剥き出しになり流れていた。

横幅10mも満たない小さな小さな規模の山崩れ

むきだされた地肌は真砂土だった
あ。。。。そうやった
200m先の時は片道は通行止めとなり復旧まで
えっらい時間がかかったな。。。

その日は
いつものようにマナーモードにして携帯から
初めて聞く異常な音が鳴った
同僚の携帯からも

頻回に鳴る鳴る

避難勧告の発令
続々と対象地区が拡大され
その地度あの耳を塞いでいても聞こえる音が鳴り響く。。。


息子のいる地域を登録して情報を、いち早く知り
息子に
帰り気をつけんさいと注意のLINEをする
親として、そのくらいしかできないけど。。。

7月6日
息子の勤務先
息子が住むマンション

氾濫しそうと言う川
近いような
そうでもないような

調べてみたが、どうもワカラン
分からないと不安になるものだ。。。

LINEで連絡したら
すぐに川と勤務先の位置に赤と青で囲みで印をつけた地図と

息子:近くないよーそれほど

そして今日

息子:生きてるの?

私:はい?

息子:いやな
 
    雨で

    ひどそうだから

    心配してみた

なんて優しい息子になったもんだ(ノД`)・゜・。カンゲキ

感激のまま
息子:なんかみんな心配してたわ

   山やから大丈夫かって

その後しばらく近況の報告をして終わったのだが。。。。


なんかね思うのよね
みんな心配しったわって?????

おかしくねぇ~~か???(;一_一)
息子が自ら心配するのであれば

山が近いからどうかと思ってね

と言うてくるはず

は???みんなって誰よ
そっちのお友達に田舎だからという話をするだろうが
山の側とか詳しくは話すタイプちゃうやろ?

ってことは
こっちの地元のお友達ってことやんか。。。
離れているのでわざわざ来ないと分からない
ど田舎

お友達が心配して連絡するもんだから
たぶん中学・高校と我が家に来た同級生たちが心配して

あ。。。今一緒に住んでいる2人の内ひとりは
高校からの同級生

よ~~く知っている子だし。。。
そりゃ知ってるおばちゃん心配してくれるわな。。。

雨が酷いから裏の小川見にいったら
って今まで
うーたら
あったらって状況を

今回は一切言わなかったもんだから

くそったれな息子(一一")
周りから心配され

そっか。。そうだよなって心配になったんだろう。。。

心配するだけましか。。。。



息子に状況を知らせる気持ちにはならず
以前訪れた土地が悲惨な状況になっている報道

同級生に連絡するのだが
もし仮に大変な状況になっていれば

家族の連絡を待っている時に連絡すると
同級生からってなれば。。。。

とりあえず電話は遠慮しよう
LINE・メールで連絡して

ひたすら返事を待つ

家族だけでなく
それぞれが住む地域での付き合いがあるだろうし
子供が結婚すれば親族が増えてくるし

若い時は躊躇することなく電話していた。。。

年を重ねると相手への配慮を考えてしまう。。。

どうなんだろうと苦悩する
この10数年。。。


返信の中に

今日〇〇ちゃん(同級生)から大丈夫ですかって?って電話があった。
久しぶりに声も聞かれて嬉しかったわ、友達って有難いなって痛感したわ

そっか
久しぶりに聞く友達の声と、心配してくれるっていうのは嬉しいもんなんや
自分がそうと思っても、相手はどう思うのだろうかって

別の友人から返信があり
続けてメールがあり

その最後に書かれていたのが

面倒見が良い証拠だよ。
〇〇さん(私の名前)は昔からそうだったからね。
追伸でした。



ちがうよ
あの頃の私はいないよ
居なくなったんだよ

自分に自信を持って生きていた
あの頃

誰からも
生き生きしてる
悩みないんじゃない
いつも楽しそうね

平成になって
どれほど泣いただろう
死んだ方がマシって思うことも経験し
人間の汚さ
お金の汚さ

悲しくて辛いことを経験するうちに
何故自分だけって嘆き悲しんで
何もかも嫌になり

同じ生きるなら
良い方に考えた方が人生楽しいじゃない

開き直りの人生となり
昭和の頃の自分ではなくなった

友人の言葉に泣けた
あの頃のままに年を重ねたと信じている。。。

ちょっと恥ずかしい自分がいる。。。

そうだね
あの頃の自分を取り戻す
こころの旅
船出しようか。。。。

ありがとう感謝
互いに気遣う友人がいるって

人生の財産って思う。。。
この記事のURL | 息子 | ▲ top
| メイン |