2018/12 ≪  2019/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019/02
あぁ~~あ遅くおでましね・・。
2017年01月24日 01:09(Tue)
物産展とか
うまいもの大会とか
駅弁とか

田舎にいると口にする機会がない
こーいった機会があれば行きたくなる( *´艸`)

で・・。行った。。買った。。。

そーして食べた。
この味は

しもたぁ~(ノД`)・゜・。
飲み込んだろ・・。
一口食べたんやし

えぇ~やろ
どうにかなる

もー治ったんちゃう?

むかむかせんし
一晩二晩過ぎて
どねぇ~もない
やったぁ~これで蟹食べれると喜んだ三日目の朝
膝から下が痒い
両足とも

見ればブツブツと無数の発赤疹
え?蕁麻疹?

ふつー全身痒いはず
思い当たるのを
ずっとその日考えてみた
結論

そー言えば椅子に正座した
低反発の座布団

ダニのコロニーかよ(;一_一)

くそぉ~帰ったら捨ててやる"(-""-)"

その考えは変わった
何故ならお腹も痒くなり始めた
お風呂に入って顔を洗って頬がブツブツ感を感じて

蕁麻疹だ
おそ"(-""-)"

蕁麻疹の薬は常備している
朝夕服用始めた

反応が遅いし
息苦しさもないし
意味わからん

5日目飲んで皮膚の症状は良くなったが
以後
体調不良とは
こー言うのねってほどシンド(;一_一)

病院に行くほどかって言うと
熱とかないし

で・・自分なりに調べたら

さいでっか
対応は分かってるがな

食べんかったらええんやろ"(-""-)"


以下ネットより引用
アレルギー体質の方

必見です

もしかしたら悩んでいる症状は
更年期障害とか
うつとか
年も年だからとか
疲れがたまってるんだろうとか

諦めていたりしていませんか

私の場合
検査しなくても、即時型(すぐに症状が出る)食物アレルギーを経験して
8年くらい食べないようにしていた

海鮮の時は有無を確認して

ん。。。。今回は
まーーーーーーーーーーーーーーーーーーーったくの油断大敵だった
ギャハハハ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

それにしても症状色々出過ぎるわ・・。



遅延型食物アレルギーになぜ気づかないのか
遅延型食物アレルギーは、疲労を始め様々な症状が出る病気です。
にも関わらず、遅延型食物アレルギーは治療されず、放置されることが多くなっています。
また、遅延型食物アレルギーの症状は150種類以上と多様で、かつ、重篤でないため、 ほとんどの場合、「単なる体調不良」、「症状に応じた病名(例:頭痛症状が出る場合は頭痛持ち)」など、 誤診されることが多いからです。

そして、小麦、米など、主食となる食べ物がアレルギー源の場合、 毎日継続して食べることから症状が出続け、本人も「疲れやすいのは体質だ」、 「無気力なのは性格だ」、「頭痛持ちで辛い」と諦めてしまったり、病気であることに気づかないことが多くなっています。

遅延型食物アレルギーになぜ気づかないのか

•病名があまり知られていない
•症状が遅れて発症するため、本人でも気づきにくい
•症状が食物アレルギーとは異なる
•毎日口に入れる食べ物がアレルゲンの場合、症状が継続するため、そのような体質だと本人と周囲が誤解してしまう


遅延型食物アレルギーという病名を知っている人は、あまり多くありません。
理由は、食物アレルギー患者のほとんどが、即時型(すぐに症状が出る)食物アレルギー患者であり、 遅延型食物アレルギー患者数が相対的に少ないからです。
遅延型食物アレルギーと、即時型食物アレルギーの症状の最大の違いは、 「遅れて発症する」ことと「重篤な症状は出にくい」ことです。


遅延型食物アレルギーの特徴

•食べ物を摂取してから、数時間~数日後に症状が現れる
•即時型ほど重篤な症状が出にくい

遅延型食物アレルギーの主な症状

【中枢系 消化管系 】
•疲労感
•慢性疲労感
•体がだるい
•集中力欠如
•無気力
•頭痛(偏頭痛)
•膨満感
•下痢
•便秘
•胃痛
•腹痛
•胸焼け
•吐き気

【精神系 その他 】
•うつ病
•不安障害
•自閉症
•副腎疲労
•アトピー性皮膚炎
•関節炎
•筋肉痛
•筋力低下
•体重増加
•目のくま
•にきび
•口内炎
•不眠
•湿疹・掻痒
•ぜんそく
•肩こり
•など150以上

遅延型食物アレルギーであることが判明した人の回顧談

•時々吐き気があったが、胃が弱いと思っていた。
•慢性的に体がだるく、何をするのも億劫でそういう性格だと思っていた。
•病院での検査結果は関節痛だったので、関節痛の薬ばかり飲んでいた。
•アトピー性皮膚炎だと思い込んで、ずっと皮膚科で治療していた。

遅延型食物アレルギーの治療方法
遅延型食物アレルギーの原因に対する治療方法は、残念ながら見つかっていません。
しかし、アレルゲンとなる食品を食べない、口にしないことで、 各種症状の発現を抑えることができます。
そのため、アレルゲンとなる食品を見つけることが最も重要になります。

この記事のURL | おばさんの独り言 | ▲ top
| メイン |