訪問ありがとうございます
2020年12月31日 00:00(Thu)
ここは読み逃げ専用です



申し訳ありません訪問頂いても訪問はできません
ごめんなさい
この記事のURL | ブログ | | ▲ top
眠いが見張りせねば
2020年06月15日 00:20(Mon)
さて寝ようと立ち上がると

動くものが。。。。

なんと小指よりやや太い立派なムカデ

素足にスリッパ
虫に強くなったとは言え無防備過ぎる

せめてハエ叩きは欲しい( ̄  ̄)
直ぐ側にある
一瞬目を離したら


くそぉ〜壁と棚の間に入り込む姿

ハエ叩きで押さえるが
逃げられた(`・∀・´)

猛ダッシュで殺虫剤を取りに行き
棚の左右から噴霧

棚の前で
椅子に体操座りで見張り番

手には愛用の
サイズ約高20cm/電気のパワーでハエ・蚊を撃退 ハエたたきラケット 電撃殺虫ラケット

ムカデって鎧みたいな感じだしなぁ〜
効果は疑問だが押し付けたら
どーにかなるやろ

寝るとこ
そこだし
見張りせんと
マジヤバイ

寝ずの番

目を離すことが出来ないから

じーと見るだけって
ヒマやんか
3時をもちまして睡魔に負けた(T ^ T)


朝おそる恐る探すがいない
しっかし台所に

いたぁ〜
押さえつけ電流スイッチON

流石ムカデは強い
暴れるが
噛まれた時の痛みを何年経とうが
忘れない
がんばれ私


ぐっと力を入れないと逃げそう

今年3匹目

なんか虫類が多い

特にコナジラミ
ナスの葉にウジャウジャいるし

虫との戦いが始まりましたねーƪ(˘⌣˘)ʃ




この記事のURL | おもろいおばちゃん | ▲ top
マジか(´・ω・`)
2020年06月14日 11:36(Sun)
息子へのLINE


まー聞いてくれる?
昨日ねシチュー作ったんよね
香辛料チョットずつ入れてて
ん〜浮かれて鼻歌も(^○^)

そーだナツメグも入れたろ

あれ?ナツメグ容器ってヒネってあけるやつだっけ?

目の前には
鍋に円を描きながら落ちていくナツメグが( ゚д゚)
とっさに手を止めたけど

まだ1回しか使ってなかったのに

残量1/3弱
じゃくだよ
たったの(ToT)

信じられなくて
もしかしたら
勢いで鍋からはみ出し
鍋にはチョビっとしか入らなかったかも

人間って妙な期待を持つもんだなと
思いつつ

現実が目の前にある訳で

1回してみんさい
鍋にはナツメグの道が出来るから

味はどーにもならんので
牛乳をぶちこみ和らげた

この前は
パスタにトマトケチャップが残り少ないから
キャップを外し
思いっきし振ったら
思いのほかあって
これは卵やチーズ入れて味を整えることは出来た

分かる?壁から鍋にも
トマトケチャップの道

お掃除チョイ大変でした

意外と飛び散ってたのよね

最近こんな楽しいこと続いてます

人生は笑いに満ちたほうが良いものね
この記事のURL | 息子へアホな母を報告 | ▲ top
人間って
2020年06月11日 16:24(Thu)
日本人も若い方は足も長くスタイルは良くなっている

私なんか
ずんぐりむっくり
重心は低いので

そして
まだ若いから

そして
そして
前から来る
警察官だったとしても
ホンマもんかいなと疑う
つまり
身構えるようなおばさんなら
よろけるか?

ひとりならいざしらず
ふたりだものなぁー

確実に尻もちやな

良くて
尾骨骨折は決定

悪かったら
骨盤骨折だったり
大腿骨骨折

まー若いから
とっさに頭をかばうだろうな


75歳男性
そりゃ
無防備ならフツーな


転び方やろな

と思った

転び方が大袈裟だと思うのであれば

あの国は
とかく実験とかして実証したがるよなー

テレビで
カシオのG-SHOCKが頑丈なんかを
荒っぽい方法で実験してたよな

じゃーあの男性の胸に受けた力を
簡単に導かれるんじゃないかな

あらゆる可能性

転け方のパターンも含めて


まっお偉い方に逆らう骨のある人間はいないんだった

ウヤムヤになって

ハイオシマイ(´・ω・`)

正直者・弱いものは排除するんだよね
どこの国も

黙って働き逆らわず
無表情になる


それって人間って言えるの?
この記事のURL | おばさんの独り言 | ▲ top
先に言ってくれ
2020年05月21日 20:12(Thu)
家庭菜園は無農薬
虫が先に食べて
野菜は成長を止める

葉脈さえ食べつくし

あれ?私。。。植えんかったっけ?
いやいや植えてた間違いない( ̄д ̄)

なんも植えんのに畝にせんやろ<(`^´)>

どうせ虫の餌やし
雑草が生えるよりましやろ
と肥料をせず

ずぼらに
ばらまいた


ホウレン草が発芽率通りに発芽し
素直に成長するはずが

ちっこいまま
そりゃそうだ栄養となる肥糧を全くもって使用しないから。。。


勿体ないから食べてみた

めっちゃ美味しい
湯がく時も湯につけた程度のみ


ホウレン草の香りも強いのに
えぐみが全くない

あぁぁぁ~~~~~腹立つ(# ゚Д゚)

肥糧しときゃ良かった(ノД`)・゜・。


やれやれそんなもんやね

野菜に言いたい
成長するならすると先に言ってくれ( `ー´)ノ
この記事のURL | おばさんの独り言 | ▲ top
この先生おもろいわ
2020年04月25日 12:48(Sat)
職場の都合で休業中
で。。。断捨離を決行中

勿体ないと捨てずにいたのを
やっぱ捨てるのは忍びない

ジモティーに出そうと
これはおいおいと投稿するにも

あまりにも多い(;一_一)

次にファイルに保存しているのを整理し始めた
研修・講習等の資料とかは

おもいっきし捨てる( *´艸`)

かなり分厚いのが
息子の。。。。

幼稚園からの名簿・成績表とか。。。

小学校はあるが
中学校は
3年生の時しかないけど(きっと息子捨てたに違いない・・・)
翌日教科・課題・準備・感想・メモのノート

初めて見たのだが。。。。

ほぼ毎日なんらかのコメントがあった
先生のコメントに笑いと涙の私

私がウケのだけ抜粋

3年生となった当日
 4月 9日  〇〇くん あなたは よく前を向いて聞いていますね。感心します。
 4月14日  息子:自転車 ボタン
        先生:ん?これは何の暗号ですか? 特にボタンって・・・。
 4月15日  息子:ボタン 自転車 
        先生:    ~~~紙をあげましょうね
 4月16日  先生:はい 確かにいただきます自転車許可願 あした頑張ってきてね 応援してるよ~~。
 4月23日  先生:〇〇くん ごめんね 君が休んだ時に自己紹介プリントを書いたようですね これを書いてくれますか?
 4月24日  先生:・・・・・・・・・・・・・・・・(悲しい)

         たぶん息子書かなかったんでしょうね( ´艸`)

5月の連休後に
ちろり~~~ん (鼻から牛乳~~~♪♪
連休・・・・どうでしたか 私は
ゆっくりできたのと・・・・やっぱ部活ができてうれしかったね

そのまえくらいから記入していず
久しぶりに教科のみ記入した日には

 5月 8日  先生:よく書きました
            ここには いつ書くんでしょう。 〇〇くんがポソッと思ったことって貴重だと思うよ

その週の欄外には 
         先生:〇〇くん 左利きなんですね
             テニスでは左利きの利点はなんですか?
             バレーと同じですかね 右利きの人とは違うポイントで打てるのでブロックしにくいですよね

 6月 5日  先生:もしもし▽▽くんもいいけど □□くんとも話してね(給食中)

 6月17日  先生:ねぇねぇ〇〇くんって家まで自転車に乗って帰れる?途中で降りて押して上がるの?
            どの辺まで自転車で行くの?
             
            坂を自転車でヒーッて言いながら登るイラスト付きです( ´艸`)

我が家は高台にあり自転車で休憩なしに走れるのは小学生まで
中学生~誰もが自転車は押してあがります。
息子が中学生になって ひと月たったある日後部席に乗った車の中から
小学生が自転車で坂を上がっているのを見て
ひと言 若いなぁ~
笑える息子です。。。。

 6月24日  先生:そういえば 〇〇くん誕生日の日にカードをはってないんだけど・・・。(後ろのカレンダーに)

 6月26日  先生:あ 黄色い紙に名前書いてね(誕生日にはるから・・・)
 6月27日  先生:ねぇ・・・なんで名前書いてくれんの?

まぁ ノート・・・どうしたん?って先生が書いてあって
教科が記入がないからかなって思ったら紙が破けている場所への矢印があった

12月 1日感想に息子が記入 テストびみょうだった
         先生:びみょう・・・とは・・・・
             ハッ〇〇ちゃんの感想の欄に 
             字が・・・・文章が・・・・・
             ・・・・・(涙のイラスト) ← (感動の涙です!!)
  1月14日感想に息子が記入 サムイ
         先生:サムイですね
             朝 はく息が白いでしょう
             寒ければ寒いほど春が嬉しいですよ~~(人生みたいね)
  1月27日ブルーの蛍光ペンで大きく受験とはとても読めない字に
         先生:・・・よ・・・よ・・・読めない・・・あっ受験だ!がんばってね。

非は素直に認め謝り
手伝い等した時はありがとうと褒めてくれる

息子は ちょいとせからしいので苦手だったような感じだったけど
まぁ~ようしゃべる先生やったわ確かに
裏表のない先生やったなぁ

教師の仕事は
限界がない
でる釘は打たれる
上の顔伺い
保護者の顔いろ伺い

ストレスたまるわな。。。。

屈託のないこの先生はストレスあっても
上手く発散できるのではないかと思う

ゆとり教育と言われ
水曜日の午後・土曜日休みで
昔より授業日数少ない

今年の夏休みは返上でも足りないのではないだろうか
給食のある土曜日にして
水曜日も午後も授業とすれば取り戻せるのではないかなと思うけど

ここからここまで見といてください

こんなやり方で過程を終了にしないで欲しい

この記事のURL | 息子 | ▲ top
母の子供として生まれてくれてありがとう
2020年04月23日 11:37(Thu)
今朝のLINEより

母より息子へ

昨日ね
ゆうくんの幼稚園〜小学校のを整理
お勉強のは捨てたけど
作品等はしのびなく
連絡帳は懐かしく残しています
6年生の日記で
イジメにあったことが書いてあり
先生が
いつ
どこで
誰にされたか
答として大きく□された中には書かれてなかった
これ知らなくて
気が付かなかった
母としては付き添い看病・退院後の方針違いのジレンマ
新しい環境での再就職
ストレスマックスの頃で
余裕がなかったのかなと
チョイ泣けたわ
小学校入学4月は度々病気で休んてた
あんまし覚えてないのよね
それほど気を張って子育てしてた
ひとりっこなのに
入院させたことがない
それが母の誇り
母の子育てに実母さえ批判的で
どれほど泣いたか
だけど揺るぎない母の方針
ゆうくんには厳しかったかもね
母の立場からだけど
子育て悪くなかったよな
えー子や
って思ってます
母の子供として生まれてくれて
ありがとう
それを伝えようと思いました


息子から

ありがとう

これもちょい泣けた


この記事のURL | 息子 | | ▲ top
息子のことで3回目の号泣
2020年04月12日 11:04(Sun)
5時過ぎにLINEを確認したが
既読になっていない(@_@;)

こりゃ寝ちゃおれんわ

台所の模様替えを始めてみた
どないしよと言うほど
ぐちゃぐちゃに・・・

頭・・・・冷やそう・・・
あれをあっちにおいて
あれはこっちにおいて

朝食食べて
コーヒー飲みつつ

LINEを確認

息子からの返事

5:35  
とどいたわ
めちゃねてた


大阪に住む息子
仕事は料理人
外食産業は厳しい状況で4月7日から店は休業
もしかしたら収入もなくなるのか・・・・

息子には幼少時から

母は高齢出産で 他のお母さんのように長生きはしない
ひとに頼らず自分の力で生きろ
自分が稼いだお金だけで生活する


ひとりっこの息子ゆえ
子供には期待しない
子供に負担をかけない

心配してもしょうがない
あーしろ
こーしろと言っても
指示待ちの人間になったら
言われなければ出来ないようになる

自分で考え
もし仮に人から言われて行動・実施したとしても
決めたのは自分自身
ひとや世間のせいでと責任転嫁するのは簡単
自己責任で生きろ

バイトしながら生活するから入学金を出して欲しい
バイトが始まり給与貰えるまで生活費もお願いします

専門学校に進学したいと言う息子からのお願いだった
それが最後の金銭支援
マンション代も光熱費も全てバイトで稼いで
支払いは滞ることは一度もなかった
保証人は母なので・・・

飲食業なので賄食があり食事に関しては
心配しなくて良いのが非常に嬉しい

実に親離れしている息子

子離れしている母
のつもりだが

休業だと
もともと食の細い息子
また痩せる・・・・
心配になる母だが。。。

コロナウイルス感染が多い大阪
消毒やマスクあるのかLINEしたら

なにしたって感染するんじゃない

若者の安易な考え
どうにかなるって言う息子の考え方

先を読み予想される可能性に対応すべきことを
前もって行動をする
橋を叩いて
ぶっ壊すタイプの母

で・・・無駄足が多い母だけど( *´艸`)

外出自粛になるので
LINE二度目に確認してみた

まぁまぁ備蓄あるし
いるようになったらいうわ

息子の考え方が
備蓄の量としたら
例えば
テッシュペーパーが
ふた箱あれば十分だと考える息子

で・・・
何が必要なのか知らせて
こっちで買っておくから

この返事が

はいは~いって言うスタンプのみ

ボケ息子(# ゚Д゚)

やはり本腰上げ買おう
って遅いのよね
マスクの時も同様だが
いち日で状況は変わる
昨日はあんなにあったのに
マスクは完売

消毒関係の商品は
いち日に1本のみ

いち商品に1本ではない。。。

こんな田舎のとこでと驚いたが
考えれば都会にいる子供・孫に送るのは当然だし

3日で満タンだったガソリンが空になった
もうちょっとでガス欠になるとこだった(´艸`*)あぶねぇ~~

取りあえず
マスクは花粉症用だが昨年買っておいたのがあるので
使いかけだけど送ることができた

用心深い母は
マスクを
あっちこっち置いていた
まー忘れていたのだが

確か置いていたはず
探したら数枚ずつ袋に入れて
ここにも置いとるし( ゚Д゚)

3枚・7枚入りのマスクを
銭湯仲間が
いるだろうからと並んで買ってくださった
ひとりに1袋
つまり2人から頂く

ひとに恵まれていると感謝

マスクは
今のところ職場では1日に1枚配布される

息子は呼吸系が生まれつき弱いので
感染症には心配でたまらない

消毒用品を送って届いた
と言う連絡がないのを怒っているのではなく
急激に悪化するコロナウイルス

もしかしたら感染したのではないか
不安だった

寝てたんかい<(`^´)>って怒りと同時に安堵
自分でも驚くほどに

号泣した

母として
親として
子供を思う気持ちが強かったんだなって

押し付けの愛情ではなく
子供を信じて見守る

んだけど
子供を思う気持ちは生涯続くんだろうな

妊娠しにくい
流産しやすい

5度目の妊娠で
妊娠です おめでとうございます
と医師より言われた時に号泣

以後いつ流産・早産するか分からない状況
生まれる当日でさえ安心できないと言われた

自然妊娠
自然分娩

医師より奇跡と驚かれたほど

生まれた息子は首に
へその緒が巻ついていて
直ぐに泣かなかった

泣いて抱え上がられた息子を見て
2度めの号泣

そして今回が3回目の号泣

息子に
食べているんかい(# ゚Д゚)
ってLINEしたら

この返事が

たべてるよん


ホンマこの息子には癒されるわ。。。。
漢字に変換しろよ
携帯電話につぶやく母でした

さて台所片付けの続きをするとしますか。。。。
この記事のURL | 息子 | | ▲ top
不安な日々
2020年02月11日 09:04(Tue)
マスクが店頭から
売り切れ
入荷待ち

そんな状況にならざるを得ない
新型コロナウイルスの感染拡大

高額な金額にして販売する
金に意地汚い

金になるなら
良心さえ売るのだろうか?

買い求めるのは
家族や友人がいる母国に送りたい
必死な思いで走り回っているのでしょう

呼吸器系に不安な方など

歩き回れる方は探せるけど…


言っても仕方ないが
あの国で
亡くなられた医師が発信した
情報を削除されなければ
ここまで拡大されなかったのではないか

と思うのは
私だけではないと思う

情報は
不安を拡大する要因になる怖さがある
しかし
警鐘を鳴らす意味もある

情報に踊らされず
見極める冷静さは
今回だけでなく必要だろう


ただ不思議だったのが
マスクしてる方が多い
売ってないのに?
買いだめできた方ばかりではないはず

朝のニュースで
乗員に配られたマスクは1枚だけ

乗客は部屋からでないことは出来るが
乗員はお世話しなくてはならない

乗員だからこそ
感染しない させない対策は優先されると思う

対策をしないから不安が募る

マスクの使いまわし
なるほど
意味ねーよな┐( ̄ヘ ̄)┌

だけど
ないものはない

しないよりマシと思う方は
それなりに手洗いをこまめにするなど
気をつけるだろうけど
マスクをしているから安心と思う方は
危ないです


ふと思うけど
もし仮に日本で流行した場合

これほど感染拡大したのか?
亡くなられる方が同じだったのか?

政府は正しく発表し
注意喚起 
対策を講じただろうか

1日も早く
安心できる生活に戻れるように願う

自由に行き来できるって
安全だからなんだなって
改めて思う

自国も大事だけど
他国あっての成り立つ訳だから
選挙の為とかゲスな考えせんと

助け合う
同じ地球人
仲良くせんとね

花粉症の季節
マジ辛い
数年前から鼻水は卒業し
咳き込み
くしゃみ

くしゃみは
すれ違いざまに突然でる
多い時は連続10回

酷いときは
咳き込み しばらく続く

今は誤解される症状だ(;;;・_・)
ヤバい






この記事のURL | おばさんの独り言 | ▲ top
今日の呟き(1954)
2020年01月12日 01:53(Sun)
断捨離が出来ない理由を考えてみた

①面倒くさい
②忙しい
 ⑴時間がない
 ⑵優先度が低い
③勿体ない
 ⑴また使うかも
 ⑵捨てる罪悪感
④片付けが下手
理由は様々だけど

理由のひとつに

想い出を捨てたくないと言うのかもしれない

苦しかった辛い想い出は
断捨離の対象になるまえに捨てているだろう

楽しかった思い出に
しがみついているのではないか
幸せだった時にタイムスリップし
現実逃避しているだけなのではないか

そして
見栄と欲を捨てる

前に進むには断捨離が早道かもしれません
この記事のURL | 今日の呟き | ▲ top
| メイン | 次ページ